ラクトの回想録

準関西人で気ままな筆者:ケンが自身の経験・スキル・閃きをもって日常の見解や豆知識を発信するブログ👻✴️

スタバを紐解く

日曜の真っ昼間にスタバにやってきました。

外が炎天下だと足が勝手に・・・☕️👻🆒

ってなわけで今日はスタバについてです。

 

f:id:Racty:20200825203123j:plain

言わずと知れた大手カフェチェーン店です。その立地の景観にマッチした店舗の外見、独特でエレガントな内装、ブランドを生かした商品等など魅力満載でファンの方も多いでしょう💡私も自分の中でカフェとして利用する割合は1位・2位を争うくらい高いです😃

私の普段の利用経験を踏まえてメリットを挙げてみます❕

 ①店舗数が多い

最近でも割りと堅調に店舗数を拡大しつたいます。これは地域差がありますが都市部の繁華街だと500m~1km圏内に2~3店舗あったります。

時間帯、移動経路、混雑状況に応じて柔軟な選択が出来ます。立地の条件によって店舗の広さもまちまちなのでよく行くエリアなら通りかかった際にある程度広さの確認をしておくと良いと思います💡

※最近はコロナ対策として店内の座席の間隔を広げている傾向にあるので出来るだけ規模の大きなお店に行く方がオススメかもしれません。

 ②無料Wi-Fiが使える

これはスタバだけに限りませんがPCやスマホの利用者には非常に有難い機能です✨スタバの場合は1回の接続が60分の設定になっており時間がくると自動的に接続が切れる仕組みになっています。ただ再度接続すれば継続して利用できますし接続回数に制限はありません。Wi-Fiの自動検索で簡単に拾ってくれる為接続までの設定も比較的楽です😃

私は普段スマホが低速通信である為playストアのアプリのアップデートはWi-Fi接続の際に一気にやります😁容量が多めでも高速通信でサクサク終りますしパケット通信の節約にもなるのでオススメの小技です💡

③商品のオススメカスタマイズ

これは私もあまりやった事はありませんがドリンクで好みのソースに変更したり配分を変えて好みの味に出来るシステムです。お店によっては掲示で紹介されていたり注文時にお店のスタッフの方が教えてくれる事もあります👂️追加料金はほとんどかからなかったと思います。

独自の裏メニューを楽しんだり自分好みのメニューを発見したい方にはオススメですが、お店が混雑している時は他のお客さんや店員さんにも迷惑になる事もありますのでほどほどに・・・⚠️

 ④決済方法がいろいろ

スタバは現金以外にも様々な決済方法に対応していますが意外と知られていない事が多いです。交通系ICをはじめとした電子マネーや、クレジットカード、プリペイド式のスタバカードなどが挙げられます💳️

ホームページではちゃんと紹介されていますがスタバはコンビニや他の飲食チェーン店と比較すると店頭やレジに決済方法の表示が無いことが大きな理由だと思います。これは私の憶測ですがスタバの企業方針が関係してるのかもしれません。

私は(モバイル)スターバックスカードによる決済を利用しています。スマホの画面に決済コードを表示させるカードレスタイプなので財布がかさばりません👛そしてカードの入金の際にポイントの高還元が受けられるのもメリットだからです。

 ↓過去の記事で紹介してます↓

 

segundafuerzavital.com

スタバカードについてもう少し触れとおくと個人利用以外に贈答品にも最適です。地域やシーズン独自のデザインやチャリティー企画の機能を付帯したものなど様々な種類がありコレクションとして集めてみるなんて方法もあります。スタバ店頭で購入出来る他、オークションで検索してみても見つける事が出来ます🔍️

 

⑤STARBUCKS REWARDS

スタバの定期的なユーザー向けの会員サービスです。商品の購入に応じてスター☆が付与される仕組みでグリーン→ゴールドとランクがあります。初回のスター付与から1年以内に250スターを達成するとゴールドランクになります。ゴールドスターは1年以内で150スター達成で翌年もランクを維持出来ます。また、150スター達成毎にモバイルサイトやアプリからRewards eticketを発行出来ます🎫

このチケットでドリンクやフード等の商品と交換出来るので食事を割安で済ませられる場合もあります。

ちなみにスターは54円(税込)で1スター付与なので例えば500円(税別)のドリンクを購入した場合、テイクアウトで8%の税率適用で540円となり10スターが付与されます。

そう考えたら150スターの達成は比較的にしやすいというのもあります💡

 

私が普段スタバを利用して特に感じているメリットを挙げてみました☝️スタバを利用される方は参考にしてみてください☺️

Copyright ©ラクトの回想録 All rights reserved.