ラクトの回想録

準関西人で気ままな筆者:ケンが自身の経験・スキル・閃きをもって日常の見解や豆知識を発信するブログ👻✴️

宅配ロッカーの需要

今日は需要が伸びている宅配ロッカーにスポットを当ててみました💡最大のメリットは不在でも荷物を一時保管出来て自分の都合の良い時に引き取れる事です。私もそうですが普段留守になりがちな人にとっては頼もしいサービスと言えます✨

コロナ禍で対面による荷物の受取を減らす動きも出ているのでこれから需要はまだまだ拡大していくでしょう⤴️

 

宅配ロッカーの種類としては

  1. 住居に設置タイプ
  2. 出先・施設に設置タイプ

に分類できます。

住居に設置タイプとしては主に集合住宅になります。一軒家でも無くはないですが割合からするとかなり少ないです。設置スペースの問題もありますし、一軒家の場合は家族で住んでいる場合が多いのでそこまで必要性がないのは確かでしょう😔

集合住宅も物件によりけりなので必ず設置されているわけではありません。ちなみに私が住むマンションは2年程前に宅配ロッカーが設置され以降宅急便をはじめとした荷物の受取に重宝してます📦️ただし50戸を越える件数に対しロッカーのスペースは10にも満たないので時々一杯で使用不可なんて事も…😥

一つのマンションだけで見ても需要は結構あるようです。

 

もう一つは出先や施設に設置されているタイプです。例を挙げると郵便局が展開している「はこぽす」やPackcityJAPANが展開する「PUDOステーション」などがあります。


f:id:Racty:20200824233250j:image
f:id:Racty:20200824233302j:image

このタイプのメリットは

  • 利用者が限定されない
  • 受取場所の選択が柔軟に出来る

といった事が挙げれます❗️集合住宅に設置のロッカーであれば基本的には入居者以外は使用出来ませんし受取場所も選択の余地はありません。

しかし、このタイプはロッカーの設置場所を把握しておけば自宅の近く、勤務先の近く、出張や旅行先なんて選択も可能です😝しかも集合住宅に設置のものと同様に基本的には利用料がかかりません!

さらにアマゾン等のショッピングサイトや配送業者のサイトで受取先として対応しているところが多いので何かと便利です。

※事前に会員登録やアカウント登録をしておく必要があります📱

住まいに宅配ロッカーの設備が無い方、ネットショップでの買い物をはじめとした宅急便等の荷物の受取が多い方、一人暮らしで留守になりがちな方には非常にオススメなサービスです😃💡

注意点としてはロッカーを開ける際に必要なパスワードは1回限り有効なので荷物を取り忘れたままドアを閉めてしまうと取り出せなくなってしまう事と、決められている保管期限以内に引き取りをしないと処分されてしまう事です⚠️

 

設置場所の情報等はサービス名で検索🔍️すれば簡単に調べられますので荷物の受取で困っている方や行動エリアにロッカーが設置されている方は利用を検討されてもいいかと思います☺️

Copyright ©ラクトの回想録 All rights reserved.