ラクトの回想録

準関西人で気ままな筆者:ケンが自身の経験・スキル・閃きをもって日常の見解や豆知識を発信するブログ👻✴️

ブログアフィリエイトを分かりやすく例えるならば・・・

今日はブログ×アフィリエイトを分かりやすい身近なものに例えてみました。

ズバリ「新聞」です📰


f:id:Racty:20200926213534j:image

私もブログ初心者であり普段プロブロガーの方々の動画をよく見るのですがこの例え話を聞いた事ないと思ったので自分なりに記事にしてみました🤔💡

 

新聞の特徴

  1. 様々なジャンルの記事があり特定のジャンルに特化した専門紙もある📰
  2. 記者がネタを取材してそれを元に記事を作成する📷️
  3. ページによってはタイトル下や記事下に企業広告が掲載されている🏢

 

新聞をブログに例えると・・・

・様々なジャンル記事を扱う=雑記ブログ

・特定のジャンルに特化した専門紙=特化ブログ

○新聞記事=ブログ記事

  ブログを作成する場合、上記の新聞記者が自分になります。記者が取材をするのと同じく記事ネタの情報収集が必要になります💡

ブログの解説では主に「インプット」という言葉が使われる事が多いですが方法として

  1. 現地に足を運ぶ
  2. 実際に商品や現物を手にとって使用する
  3. ネットで検索する(動画視聴を含む)
  4. 書籍を購入して熟読する
  5. セミナー等の催し物に参加する

などがあげられます☝️

 

◎新聞のタイトル下や記事下に掲載されている企業広告=ブログにおけるアフィリエイト広告

アフィリエイト広告は主に以下の3種類があります。

①クリック報酬型…掲載している広告がクリックされるだけで報酬が発生するタイプで初心者向きと言われている。1件当たりの報酬額が低い為アクセス数に依存する。

例:グーグルアドセンス、nend、ASPが提供する一部の案件etc.

②成果報酬型…掲載している広告を経由して商品が購入されたり新規会員入会などの条件をクリアする事で報酬が発生するタイプ。ジャンルにもよるが1件当たりの報酬額が高め。成約に導く為のマーケティングスキルやライティングスキルが必要なので難易度は高くなる。

例:ASPが提供している大半の案件

③純広告…広告を掲載するだけで固定費が得られるタイプ。1件当たりの報酬も高額であり上記の新聞に掲載されている企業広告はこれに当たる。ジャンルのマッチした有名な特化ブログに採用されるケースが多く初心者には無縁とも言える領域での話。

例:企業からの直接依頼etc.

 

家や職場に新聞のある方はザッと眺めてみるとブログ×アフィリエイトの構成の感覚が掴めると思います。これをインターネット上のサーバーで自らのメディアとして立ち上げているのがブログです💻️自分が記者となってオリジナルブランドの新聞を作成すると考えれば分かりやすいのではないでしょうか⁉️

ブログをコンテンツを充実させて育てていく為には質の高い記事を定期的に更新する事が求められます。これはプロブロガー方々が口を揃えて言われています🔊

 ブログを書き続ける心得は過去の記事で紹介してます。

segundafuerzavital.com

私も始めた当初続けれるかという不安がありました😔現在は土日を中心とした週末更新になっていますが定期的な更新は継続出来ています。記事の質に関しては研究を進めながら追々レベルアップしていきたいと考えています⤴️

自分が読者になっているブログ記事を参考にしながら他のブロガーさんたちと共に切磋琢磨していければと思います☺️👍️

 

 

Copyright ©ラクトの回想録 All rights reserved.