ラクトの回想録

準関西人で気ままな筆者:ケンが自身の経験・スキル・閃きをもって日常の見解や豆知識を発信するブログ👻✴️

物事を「諦める」の選択は後回しでオッケーだが見切りも大事

今日は物事に対して諦めるという選択をする場合についての考え方です。

結論から言えば諦めるのは可能な限り後回しにする方が良いと言えます。


f:id:Racty:20200928093416j:image

理由はいつでもできるからです😝

極端な話、完全に望みが絶たれた状況になってから諦めても全然遅くはありません。

 

諦めない事の必要性とメリット

諦めないという事は必然的に継続になります!「継続は力なり」という言葉があるように最終的に結果や実績に結びつけるには必要な条件です。

○仕事で試行錯誤してプロジェクトを成功に導く⇒成果や実績が認められ昇進や昇給につながる

●ブログで研究やインプットを繰り返してコンテンツを充実させる⇒自身のスキルやサイトの評価が上がり収益化につなげられる

結果を出すまでにはそれなりに時間を要する為忍耐力も必要になります💡

続ければ可能性のあるものを早々に諦める事でゼロにしてしまうのは非常にもったいないですし自分の成長にもつながらず後悔だけが残ります💫

 

状況によっては見切りも必要

諦めない事は大事ですが場合によっては早めに見切りをつけた方が良い場合もあります💡

人生の時間は有限である事、いつどんな形でチャンスが舞い込んでくるか分からないからです🌠

ポイントとしては

 

  1. 一つの事に固執せず柔軟な選択肢を持つ事
  2. 自分なりに見切りをつける基準を明確にしておく事

上記2点は私の経験上、自分の中に持っておくといいと思います💡

◇一つの事に固執すると選択肢がそれ一択になってしまうので視野が狭くなります。また精神的な余裕も無くなるために冷静な判断ができず機会を逃す場合もあります。

仕事や恋愛においてはよくあるケースです🙄

◆対人関係において自分とウマの合わない相手との関係や気になっている相手だが物理的に会う事が不可能な場合など労力や時間を使う事が明らかに無駄だと判断できる時は早めに見切りをつける事で次への準備や時間の有効活用につながります🕐️

自分なりの基準を元に明確な理由や根拠を持った上で見切りをつけるのであれば早かれ遅かれ後悔する事も少なくなります👍️

 

モチベーションを維持するには

自分が本当にやりたいと思っている事をしている時は自然とやる気と集中力が増してモチベーションを維持できます⤴️

何かのキッカケで手につかなくなったり集中できなくなった時はなぜ始めたのか目的や理由を思い返してみると良いでしょう💡

モチベーションを下げる原因として多いのが他人と比較する事でこれはあらゆる物事に共通して当てはまります⚖️

高い成果や実績を出している人たちを手本や目標とするのは良いと思いますがあくまで人は人、自分は自分で割りきるのが大事です😏

自分のやっている事で結果を出せるか否かは自分次第だからです。

そもそも一人一人取り巻く環境や条件が違うわけですから人と比較する事にメリットはそれほどありません。むしろ自分が落胆したり嫉妬の原因につながるのではじめからやらない事をオススメします🙅

 

~まとめ~

今日は諦める事や見切る事のタイミングについて書きました。私も20代~30代半ばまでにこれについては随分悩み無駄な時間を過ごした時期もありましたのでその解決策も踏まえたものです。

◇悩む事は当然あると思いますが悩んだところで課題や問題は解決しません。

◇何かしら行動を起こさなければ現状は変わりません。

◇限定的に条件のあるものを除けば何かを始めるのに遅いという事はありません。

結果の出るスピードには個人差はありますが挑戦すれば何かしらの結果はついてきます。

これから厳しさを増す社会情勢の中で一人一人が自分の人生を諦める事なく全うしていってほしいと願っています☺️

Copyright ©ラクトの回想録 All rights reserved.