ラクトの回想録

準関西人で気ままな筆者:ケンが自身の経験・スキル・閃きをもって日常の見解や豆知識を発信するブログ👻✴️

何事に対しても過度の期待は禁物ですよ~🙅

本日は期待を抱く事についてです。

それ自体は決して悪い事でありませんし気持ちは分かります❗️しかし過度の期待はしない方がいいです🙅

理由は期待が大きいと期待はずれだった時の落胆(ダメージ)が大きくなるので自身のモチベーションの低下や心身の疲労につながるからです💨

理想と現実のギャップで挫折するというのは人生においてよくある話ですが過度の期待もこれと同じです💡

 

期待を寄せる相手が居る場合は特に注意⚠️

恋人・友人・知人・会社の同僚などの対人の場合は特に注意が必要です💡

まず前提条件として自分は自らの意思で変わったりコントロールしたりできますが他人はそうはいきません!

「世の中思い通りにはいかない」という言葉を聞いた事があるかと思いますがそれに通じている部分があります。

基本的に他人は変えれませんし余程の間柄でクセでも見抜いていない限り相手がどう行動するかは予測不能です💫相手に自分の意思を伝えないまま自分の思い通りに行動してくれる事を期待するというのはお門違いです😓

そもそもお互いが察するようにコミュニケーションが図れるなら色んな意味で対人関係は苦労しないでしょう💧

 

期待と不安

期待と不安というのはセットで用いられる事が良くあります。


f:id:Racty:20201002233912j:image

たとえば学校を卒業して社会に出た時や職場で上司から「次のプロジェクトで期待している…。」といった言葉をかけられた場合など自分が未知の世界にチャレンジする時に期待と不安を持つ事が多いと思います💡

ここでのメンタルの持ち方として「やってみなければ分からない!」という姿勢がオススメです☝️

結果を出したり期待に答えようとして努力するのは良いことです✴️自分がやるだけやって出た結果をどう評価されるかはその人次第ですし、それが期待外れだというのならその人がアナタに対して過剰に期待しすぎていただけの話なので必要以上に気にしない事です💡

どのくらいの期待が適当なのかは人生の中で場数を踏んで経験を蓄積していく事で精度が増します⤴️過度の期待を繰り返すようではまだまだ経験不足と言わざるをえないでしょう😔

 

おわりに…

期待というのは評価の裏返しとも受け取れます!それなりに根拠がある場合もありますが見えない部分に対して抱いているものなので評価という意味ではアテになりません🙅

大切な事は自分の人生を自分らしく振る舞って生きられるかであり他人の評価は二の次と考えてください。

周囲の評価を気にしすぎて自分らしさを見失うのは非常にもったいない事です!

期待するのではなく「相手はこうするんじゃないだろうか⁉️」と予想する感覚でいくと楽しめると思いますよ👍️

私もここ数年はあらゆる事に対して期待しなくなりました😝その分、周囲の目も気にならなくなり最近はブログをはじめとして自分のやりたい事に打ち込んでいます✍️

メンタル面は時として身体の要素よりも大きな影響を与える事があります💫

何事もやり過ぎは良くないので期待もほどほどにセーブして健全な生活を維持していきましょう☺️

Copyright ©ラクトの回想録 All rights reserved.